「松阪の第九」きょう公演 本番向け合唱団員ら練習 三重

【合唱の練習に励む団員=松阪市川井町のクラギ文化ホールで】

【松阪】松阪第九実行委員会と三重県松阪市が15日午後2時から同市川井町のクラギ文化ホールで開くコンサート「松阪の第九」に向け、一般公募の合唱団員約200人が13日夜、同所で合唱の練習に励んだ。

コンサートは今年で9回目となる。9月から20回ほど練習を重ね本番に臨む。地元高校の合唱団員も参加。伊勢管弦楽団が演奏し、大谷正人さんが指揮する。

この日は舞台に設けた四段の平台での立ち位置を決め、速やかに登壇。指揮に合わせて歌声を響かせた。

実行委は「若い仲間の参加も増えました。師走のひととき、足をお運びいただければ」と来場を呼び掛けている。

ベートベンの交響曲第九番の他、グリーグのピアノ協奏曲を演奏する。入場料は一般1500円、高校生以下1000円。