鈴鹿市長会見 今年の漢字「改」 「見つめ直し、立ち止まった年」 三重

【今年の漢字に選んだ「改」ついて話す末松市長=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】三重県の末松則子鈴鹿市長は12日の定例記者会見で、今年の漢字を「改」とし「これまでを見つめ直し、改めて立ち止まった年」と振り返った。

「改」を選んだ理由について、末松市長は「今年は再選させていただいた。後期基本計画を策定しているところでもあり、改元で令和という新しい時代を迎えたことをひしひしと感じる」と話した。