国体向け寄付・協賛金 桑名三重信金が600万円 三重

【鈴木知事(右)に目録を手渡す中澤理事長=三重県庁で】

桑名三重信用金庫(桑名市大央町)の中澤康哉理事長はこのほど、三重県庁で2年後の三重とこわか国体・三重とこわか大会(全国障害者スポーツ大会)の開催に向け、鈴木英敬知事に寄付金と協賛金計600万円を贈った。

内訳は県への寄付金100万円と実行委員会への協賛金500万円。協賛金を500万円以上支払った企業は「オフィシャルスポンサー」となる。

県は選手の強化費や開催経費に活用するため本年度から寄付と協賛金の募集を本格化。11日までに県内外の42社から集まり、総額は1億円を突破した。