395万円だまし取られる 御浜町の70代女性 三重

【南牟婁郡】三重県の紀宝署は10日、御浜町の無職の70代女性が架空請求で計395万円の電子マネーをだまし取られたと発表した。同署が詐欺事件として捜査している。

同署によると、11月11日に女性の携帯電話に「NTTドコモ西日本」を名乗るメールが届いた。女性が連絡先に電話すると、男に「携帯電話の登録代金が未納になっている」などと言われ、コンビニで販売されている電子マネーでの支払いを求められた。

女性はその後も架空の団体を名乗る男らから代金を請求され、今月5日までに8回に渡ってコンビニで計395万円分の電子マネーを購入。男らに電話でプリペイド番号を伝えてしまった。5日に女性が利用したコンビニの店員が不審に思い、巡回中の署員に相談して発覚した。