子どもに絵の手ほどき 津の書店 絵本作家、はっとりさんがイベント 三重

【来店した子とライブペインティングをするはっとりさん(右)=津市久居明神町のWAY書店TSUTAYA久居店で】

【津】三重県桑名市を拠点に活動する絵本作家のはっとりひろきさん(41)のライブペインティングが8日、津市久居明神町の「WAY書店TSUTAYA久居店」(内海真人店長)であり、来店した子どもらと共に作品を仕上げた。

同店がフィットネスの「セルフィットネス久居店」とパン店「パン工房上島」のテナントを加えリニューアルオープンしたのを記念し地元ゆかりの作家を招いた。

はっとりさんはイーゼルの前で人気絵本「トイレロケット」の表紙絵と同じ構図をクリスマス仕様にした絵を描き、興味津々で近づく子に「描いてみて」と筆を渡した。地球にかかる雲を描き加えた市立藤水小2年の浅井陽人君(8つ)は「楽しかった。自分ではうまく描けたと思う」と笑顔で話した。

イベントの一環で児童書コーナー「キッズランド」に25日まで、同作と第39回講談社絵本新人賞受賞作「いっぺん やって みたかってん」の原画計12点を展示する。期間中にはっとりさんの絵本を購入すると抽選券が付いており、当選者にこの日のライブペイントで仕上げたイラスト原画が贈られる。