紀北町 中学で爆発5人搬送 生徒ら理科実験中 三重

【北牟婁郡】3日午後3時ごろ、三重県紀北町島原の町立赤羽中学校で、1年生の理科の実験中にフラスコが爆発し、生徒4人と男性講師(27)の計5人が尾鷲市内の病院に救急搬送された。町教育委員会によると、男子生徒1人が顔に、講師が左手首にすり傷を負ったが、命に別状はない。耳が聞こえづらいなど異常を訴えた生徒も病院での検査の結果、異常はなかった。

授業では亜鉛と塩酸をフラスコに入れて水素を発生させ、火を近づけて反応音を聞く実験を行っていた。本来ならば、水素に火を近づけるはずが、手順を誤り事故が起きたという。事故原因は調査中。同校は同日、教員が生徒の自宅を訪れ謝罪した。

中井克佳教育長は「子どもたちにけがをさせたり、不安にさせたりしたことを申し訳なく思う。原因を調べて再発防止に努めたい」と話した。

同校は1年生4人、2年生6人、3年生7人が通っている。