紀北町 仮設灯台を設置 台風で折れる 三重

【以前長島港大石灯台があった場所に設置された長島港大石仮設灯台=紀北町の長島沖で(尾鷲海上保安部提供)】

【北牟婁郡】尾鷲海上保安部は三日、三重県紀北町の長島港から南東2・2キロの岩場に長島港大石仮設灯台を設置したと発表した。

仮設灯台は高さ2・4メートル。スチール製。

同所には長島港大石灯台が設置されていたが、台風19号による高波で根元から折れ、岩場から北西約40メートルの海底に沈んでいる。流出後に海保は簡易灯火を設置していた。

灯台を引き揚げる時期や復旧は未定という。