高校生キックボクサー Ayaka選手、日本王者に 伊勢市長に勝利報告 三重

【キックボクシング日本王者に輝いたAyaka選手=伊勢市役所で】

【伊勢】三重県伊勢市小俣町のキックボクシングジム「健心塾伊勢支部」に所属するプロキックボクサーで県立久居高校3年の原谷彩香さん(18)=リングネーム・Ayaka、松阪市=が、11月に大阪市であったミネルヴァ・ピン級(45・3キロ以下)日本王座決定戦で勝利し、チャンピオンに輝いた。

Ayaka選手は小学4年で空手を始め、「もっと打ち合いがしたい」と小学5年でキックボクシングに転向した。高校に入り、プロを目指したいと健心塾に所属。昨年4月にプロデビューし、今年9月には日本ランキング1位に。ミネルヴァ・ピン級前チャンピオンが別の階級に転向したため、不在となった王者の座を懸け、今大会に臨んだ。対戦相手は、身長が10センチほど高いベテラン選手。3分3ラウンドを戦い、判定勝ちで日本チャンピオンを手にした。

伊勢市役所で2日、鈴木健一市長に報告した。Ayaka選手は「負ける気はしなかった。最初は緊張してバランスを崩したが、後半は得意の打ち合いになり競り勝った」と試合を振り返り「勝利した瞬間、うれしく涙があふれた。疲れてきた時、会場からの声援に背中を押してもらった。一人じゃ勝てなかった」と語った。高校卒業後、本場のタイに渡り修行するという。「もっと上を目指す。世界タイトルに挑戦したい」と意欲をみせた。