市街地巡り遺児支援 松阪で「チャリティー&ウォーク」 三重

明治安田生命津支社(清水経祐支社長)は1日、三重県松阪市で「あしながチャリティー&ウォーク」を開いた。東京海上日動三重支店と連携し、両社の社員や家族のほか、同市をホームタウンとするサッカークラブ「FC伊勢志摩」の選手など約200人が参加した。

あしなが育英会と協力し、親を亡くした子どもたちの進学を支援するチャリティー募金を繰り広げ、寄付をしている。明治安田生命は全社で取り組み、昨年は全国72か所約2万人が参加し、あしなが育英会に約1600万円を寄付している。同市殿町の松坂城跡で開会式を開きスタートすると、松阪商人の館など市街地約5キロを巡った。