津 サオリーナ来館者100万人を突破 2年2カ月で達成 三重

【100万人目に来館した石浜さん(中央)=津市北河路町のサオリーナで(津市提供)】

【津】三重県津市北河路町の屋内総合スポーツ施設「サオリーナ」が26日、来館者100万人を突破した。平成29年10月1日のオープンから約2年2カ月、想定より半年以上早い達成となった。

100万人目は津市一身田中野の石浜朝子さん(69)で、前葉泰幸市長から1年間の定期利用券や施設の指定管理者ミズノのスポーツグッズを受け取った。

石浜さんは100万人目になったことを驚き「日頃はプールを利用している。機会があればトレーニングジムを利用したいと思う」と感想を述べた。

市スポーツ振興課によると、サオリーナの来館者の想定は年間約30万人で100万人の達成は来年度になると見込んでいた。昨夏のインターハイなど全国大会に多くの人が来場したことや個人の利用者が継続的に多いことが要因とみている。

市では100万人達成を記念し12月1日午前10時―午後3時、同施設アスリートモールで市の特産物販売、ドリンク提供、音楽祭、足湯などのイベントを開く予定。