県防災メール、配信できず サーバーの不具合原因 三重

三重県は25日、災害情報を登録者に電子メールで通知する「防災みえ.jpメール配信サービス」が23日午前7時ごろからメールを配信できない状態になっていると発表した。サーバーの不具合が原因とみて復旧作業を進めているが、めどは立っていない。

県によると、25日午前、委託先から不具合の報告があった。警報の発令や地震情報をメールで通知するサービスで、6月時点で約4万4千人が登録している。無料通話アプリ「LINE」を通じて県の災害情報を発信するサービスに不具合はない。

県のホームページ「防災みえ.jp」でも10月19日未明から約1時間にわたって閲覧できない問題が発生していた。HPの不具合は、関連システムの保守整備中に不具合が発生したことが原因とみられ、県は近く委託先から最終報告を受けることとしていた。

県災害対策課は「ご迷惑をお掛けして申し訳ない。復旧までの間はホームページなどで災害情報を確認してほしい」と説明。システム関連の相次ぐ不具合については「前回の不具合との関連も含めて早急に原因を究明するよう委託先に依頼した」としている。