三重県議会 決算関連の議案など認定

【平成30年度一般会計歳入歳出決算を認定した11月定例月会議=県議会議事堂で】

三重県議会11月定例月会議は25日、平成30年度の一般会計歳入歳出決算など決算関連の2議案を賛成多数、11議案を全会一致で認定した。

平成30年度の一般会計歳入歳出決算は、山本里香議員(共産党、2期、四日市選出)が反対。リニア関連の支出が含まれていることなどを問題視した。

同決算は、歳入を前年度比で約8億円(0・1%)減の7324億円、歳出を58億円(0・8%)減の7157億円としている。