ほのぼの新感覚の書「己書」 亀山で作品展 三重

【「己書」作品展を開いた町谷代表=亀山市東御幸町のSC「亀山エコー店」で】

【亀山】日本己書(おのれしょ)道場師範で、三重県亀山や鈴鹿、四日市市などで「己書わ楽や道場」を開いている町谷靖子代表(40)=鈴鹿市在住=と生徒50人の「己書」作品展が、亀山市東御幸町のショッピングセンター「亀山エコー店」で始まっている。26日まで。午前10時半―午後3時。

己書とは、円相という字体で描く書で読める絵ともいわれ、筆ペンで描く味のある自由な書。会場には、「笑」や「ありがとうおかげさま」、「楽しいから笑うんじゃない 笑うから楽しいんだよ」、来年の干支(えと)「ねずみ」を描いた作品など計164点を展示。

町谷代表は「書道や習字とは異なり、書き方も自由に心のままに書く新感覚の書です。ほのぼのとした作品を、ぜひ見てほしい」と話していた。