尾鷲港内岸壁付近の海面に油が流出 尾鷲海保

【尾鷲】22日午前7時半ごろ、尾鷲市港町の尾鷲港内岸壁付近の海面に油が浮流していると男性から尾鷲海上保安部に通報があった。

尾鷲海保によると、尾鷲魚市場東岸壁に係留していた尾鷲物産(同市林町)所有の漁船「良栄丸」(19トン)の機関室から油約500ミリリットルが流出。岸壁から南に約30メートル、西に約20メートルにわたって流れた。警備救難艇「あくえりあす」が航走拡散するとともに、吸着マットで油を吸収し、午後1時ごろに作業を終えた。

岸壁に係留していた良栄丸の南方約30メートルに県漁連のいけすが設置されているが、被害はないという。尾鷲海保は原因を調べている。