チームみえスーパージュニア 中高生8人を追加指定 三重

三重県は20日、令和元年度「チームみえスーパージュニア」として、高校生6人と中学生2人を追加指定した。国民体育大会やオリンピックの正式種目で将来の活躍を期待して強化活動を支援する。

三井康平(陸上競技、稲生高)、畑翔太郎(水球、四日市中央工高)、山田凪航(同、同)、南川満帆(ハンドボール、四日市商高)、浪岡菜々美(ソフトテニス、三重高)、水谷咲良(ラグビー、NZハミルトンガールズハイスクール)、神谷龍之介(レスリング、いなべ市立大安中)、森川晴凪(同、津市立一志中)。指定証の交付式は27日、県庁で行う。

平成26年度から個人や企業からの募金を活用し、競技団体から推薦されたジュニア選手の遠征費や用具代などを補助している。