松阪に特産品の「旬喜」 23日、3店にコーナー新設 三重

【松阪】三重県の松阪北部商工会(野瀬岩朗会長)は23日、特産品・土産コーナー「旬喜(しゅんき)」を同市嬉野中川町の「バケーションシステム」と同市嬉野権現前の「ごん豆」、同市小野江町の「いせや」の3店舗に新設する。

バケーションシステムは近鉄伊勢中川駅前の旅行業で、「松阪牛霜降りタオル」や、松阪牛と北海道産ジャガイモの「武四郎のピリカルスープカレー」などを扱う。

ごん豆は嬉野ふるさと会館近くで農産物を販売し、「嬉野大根」や、嬉野大豆の枝豆ペーストと北海道産クリームチーズの「枝豆のパウンドケーキ」などを置く。

いせやは松浦武四郎記念館隣の衣料品・ギフト小売店で「松浦武四郎ふるさとギフト」などを販売。

3店共通で「松阪みそぶたまん」「武四郎袋入り煎(い)り大豆」などを売り出す。

地域の特産品の販路開拓と観光情報の発信が狙い。伊勢中川駅を拠点に軽くサイクリングする「嬉野・三雲ポタリング事業」を計画中で、作製したポタリングマップに3店の位置を示した。マップは3店舗で配布する。