野口さん、来月走り方講座 松阪マラソン1年前で、参加者募集 三重

【参加者にプレゼントする大会PR用公式Tシャツ】

【松阪】三重県の竹上真人松阪市長は18日、市役所で定例記者会見に臨み、来年12月20日の県唯一のフルマラソン「みえ松阪マラソン2020」に向け、来月22日に同市外五曲町の鈴の森公園で「野口みずきのランニングクリニック」を開くと発表した。11月19日午前8時半から参加者を募集する。先着百人。無料。締め切りは同29日まで。

開催1年前の記念イベント。県出身で平成16年のアテネ五輪女子マラソン金メダリストの野口さんが、フルマラソン完走を目指す18歳以上のランナーを対象に、正しい走り方やトレーニング法の知識と実践を伝授する。

参加者には大会PR用公式Tシャツと大会公式ロゴマーク入りボールペンをプレゼントする。シャツは赤色で、松阪牛の足のデザインと無地の2種類。

隣の農業屋コミュニティ文化センターで野口さんと竹上市長のトークセッションと、大会公式ロゴマークの最優秀作品表彰式を開く。

竹上市長は「野口さんは東京オリンピックで日本人最初の聖火ランナー。心強い味方を得た」と参加を呼び掛けている。

申し込みは大会公式ホームページから。問い合わせは市教委スポーツ課内のみえ松阪マラソン実行委員会事務局=電話0598(53)4359=へ。