被災住宅の修理で協定 鈴鹿市と建設労働組合 三重

【協定を締結した末松市長と松葉執行委員長(右)=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市と同市矢橋一丁目の鈴鹿建設労働組合(松葉浩昌執行委員長)は18日、同市役所で「災害時における被災住宅等への応急対策業務に関する協定」を締結した。

協定締結により、市の要請を受け、災害救助法の適用時に有償で被災住宅の応急修理や避難所などの市施設の軽微な補修をするほか、無償で市民を対象にした住宅相談などを実施する。

協定締結式には、末松則子市長や松葉執行委員長らが出席。

末松市長は「災害発生時に市民生活の基盤となる住宅の応急修理などを実施する上で、非常に心強く、大変有り難い」、松葉執行委員長は「被災者が早急に自宅に戻り、不安なく生活できるように、私たち地元の業者が力を発揮できることはとても重要なこと」とそれぞれあいさつし、協定書に署名した。