釈迦ケ岳で滑落 男性重傷 菰野町

【三重郡】16日午前7時20分ごろ、菰野町千草の釈迦ケ岳(1029メートル)で、登山中の桑名市額田、会社員川村哲也さん(52)が岩場から滑落し、胸椎を骨折する重傷を負った。約1カ月間の入院が必要という。

四日市西署によると、川村さんは知人男性(53)と2人で同7時ごろ登山を開始。200メートルほど登った後、登山道から少し外れた岩場に誤って入り、引き返そうとした際に足を踏み外して約5メートル滑落した。

男性からの通報を受け、県の防災ヘリが出動。1時間20分後、岩場で倒れている川村さんを発見し、四日市市内の病院に搬送した。