オリックス入団を亀山市長に報告、津田学園高3年の前選手

【櫻井市長(右)を表敬訪問した前投手=亀山市役所で】

【亀山】プロ野球「オリックス」に入団した津田学園高校3年生の前佑囲斗選手(18)=亀山市山下町=は15日、亀山市役所に櫻井義之市長を表敬訪問し、プロ野球選手としてスタートする意気込みを報告した。

前選手は、小中高とプロ野球選手になることを夢に、野球一筋に打ち込んできた。プロ野球ドラフト会議でオリックスから4位指名を受け、入団を決意。「夢を追いかけ叶ったことがうれしい」といい、「キャンプや合同練習で、筋力トレーニングや走り込みで体を鍛え、後悔しないよう練習に励む」と語った。

櫻井市長は「夢が叶ったね。おめでとう」と祝福し、「新たな環境に慣れて、プロの世界で活躍されることに期待している」と激励した。