豚コレラ 三重県内全農場の監視解除 ワクチン接種完了で 

三重県は15日、県内の2農場が豚コレラの監視対象から解除されたと発表した。豚へのワクチン接種が完了したため。これにより、県内で監視対象となっていた12の農場全てが解除された。

農水省は野生イノシシの感染が確認された地点から半径10キロ圏にある農場を監視対象に設定してきた。ワクチン接種が完了した農場を監視対象から解除すると決め、13日付で県に通知していた。