菰野町 御在所岳で初冠雪、樹氷も 三重

【御在所岳で見られた樹氷】

【三重郡】菰野町の御在所岳(1212メートル)で15日未明、初冠雪が観測された。昨年より8日早い。今季初となる樹氷も現れた。

御在所ロープウエイによると、雪は未明に降り、午前6時の時点で山上公園内がうっすらと積雪していた。午前0時で、この秋以降の最低気温0℃だった。

中道登山道を約2時間かけて登り、午前9時前に山上に到着した京都府の谷腰博文さん(59)は「今日は冷え込んでいるので、樹氷が見られるのではないかと期待していた。予想通りだった」と話した。

同社で広報を担当している木原沙衣(さえ)さん(22)は「山の中腹付近(標高800メートル)が紅葉の見頃を迎えていて、秋と冬の風景が同時に楽しめます。これから本格的に寒くなるので、暖かい服装でお越しください」と呼び掛けた。