亀山 80歳の車突っ込み女性重体 2人重軽傷 病院駐車場、操作ミスか 三重

【亀山】12日午後0時55分ごろ、三重県亀山市亀田町、市立医療センターの駐車場で、同市関町木崎、無職中場佐智子さん(80)の軽乗用車が駐車スペースの車止めを乗り越え、通路を歩いていた女性3人に衝突。そのまま植え込みに突っ込み、車は停止した。衝突された女性の1人が意識不明の重体。ほか2人も骨盤骨折などの重軽傷を負った。

亀山署などによると、津市野田の美容師新居明美さん(66)が肝臓などを負傷し、意識不明の重体で津市内の病院に搬送された。骨盤を骨折したのは、亀山市関町木崎の無職女性(87)、頭に軽傷を負ったのは同市関町会下の無職女性(59)。

市によると、被害に遭った3人は親戚という。87歳の女性が退院するのに伴い、新居さんと59歳の女性が別の親族と一緒に迎えに来ていた。事故を起こした中場さんも同病院の通院患者だった。

署によると、中場さんは障害者専用駐車スペースに後ろ向きに車を止めようとしたという。署は運転操作を誤ったとみて、事故原因を調べている。