羊脱走、男性襲われ骨折 伊賀の青山北部公園 囲いのひもちぎれ

三重県伊賀市は11日、同市阿保の青山北部公園で10日、飼育している羊が見物に来ていた市内の男性(59)を襲ったと発表した。男性は左足骨折の重傷。羊は普段、柵の中に入れられているが、つなぎ目が外れて逃げ出したという。

市によると、男性は同日午前11時ごろ、羊を見るために家族ら7人で公園を訪れた。帰ろうとして後ろを向いた際、雄の羊(4歳)が男性の左足に突進。左膝にしびれを感じた男性が市内の病院を受診すると、左足の骨折が判明した。男性は入院している。

柵は高さ約1・5メートル、幅2メートルの物をひもでつなぎ合わせて作成。普段は800平方メートルに羊4頭を放牧している。囲いのつなぎ目のひもがちぎれ、2頭が脱走した。市職員が9日に巡回に来た際は問題なかったという。

市は平成28年、除草目的で羊を奈良県の牧場から借り受けた。毎年、5月から11月の間だけ借り受け、市職員が毎日餌やりに来ているが、常駐の監視員はいない。市は市民からの通報を受け、羊の脱走を把握。10日正午過ぎに羊を柵に戻し、つなぎ目を結び直した。

市は同日午後2時半ごろ、男性の親族から連絡を受けて事故を知った。11日、男性に謝罪したという。羊の借用期間は今月28日までだったが、事故を受け、できるだけ早期に奈良県の牧場に返還する。