小林衆院議員「政策実践で日本塗り替える」 自民青年局、津で東海ブロック会議 三重

【東海ブロック会議で、あいさつを述べる小林青年局長=津市羽所町で】

自民党青年局の東海ブロック会議が9日、三重県津市羽所町のホテルグリーンパーク津で開かれた。党青年局長の小林史明衆院議員は「党員や地方議員の仲間が各地域で結果を出していけば、地方から日本を塗り変えることができる」と呼び掛けた。

青年局のブロック会議は全国8カ所で毎年秋に開催。地方議員らに党本部の新しい方針を伝え、意見交換している。東海ブロックは全国3カ所目で、三重、愛知、岐阜、静岡の東海4県の地方議員らが出席した。

会議の冒頭あいさつで、小林局長は「我々がやるべきなのは、党本部や各現場で練り上げた政策をとにかく実践すること。それを地域で実現し、見える結果をもって地域を塗り替える」と訴えた。

会議では、党の政策を地方で実現するため、党青年局が資料を提供するなどして地方議員の活動を支援すると説明。参加者からは、憲法改正に向けての説明会や豚コレラへの対応を求める声が上がった。

会議後、小林局長は記者会見し、憲法改正に向けて「説明資料を作成次第、年明けから全国で説明会や研修会を実施し、全国の青年局や女性局が先頭に立って憲法改正の議論を推進する」と述べた。