豚コレラ、野生イノシシ 菰野町で感染初確認 4養豚場が監視対象に三重

三重県は7日、菰野町で見つかった野生イノシシ1頭が豚コレラに感染していたと発表した。県内でイノシシの感染確認は22頭目で、同町内では初めて。

県によると、感染が確認されたイノシシは3日、同町千草の林で地元猟友会によって捕獲された。県の検査で7日に感染が確認された。

発見場所から半径10キロ圏には養豚農場が9農場あり、うち5農場はすでに監視対象になっている。対象になっていなかった4農場が新たに監視対象に設定され、県内の監視対象農場は11農場となった。今のところ、監視対象農場の豚に異常は確認されていない。

これまで感染が確認された21頭の野生イノシシのうち1頭は桑名市で捕獲され、残りは全ていなべ市。今回の捕獲地点は過去に感染が確認された最も近い場所から約10キロ離れている。

県豚コレラ対策チームは感染確認地点が菰野町まで南下したことを受け、「今まで県境に集中していた感染イノシシが県内に広がる可能性がある」と危機感を強めている。