伊勢の県道で男性はねられ死亡

【伊勢】3日午前2時半ごろ、三重県伊勢市黒瀬町の県道で、同市御薗町小林の大工、小久保忠廣さん(70)の運転する乗用車が同市二見町三津の男性会社員(59)をはねた。男性は全身を強く打ち、市内の病院に搬送されたが、約1時間半後に死亡した。

伊勢署によると、現場は歩道のある直線道路。小久保さんはアルバイトの新聞配達をしていた。同署の調べに「直前に目の前に何かあると気付いて避けようとしたが、ぶつかってしまった」と話しているという。同署は小久保さんの車が車道にいた男性をはねたとみて、詳しい事故原因を調べている。