相可高校生徒らがガス展会場で料理実演

【来場者の前で料理の実演をする村林教諭と生徒ら=四日市市諏訪栄町の近鉄百貨店四日市店で】

【四日市】三重県立相可高校食物調理科の教諭で同校調理クラブ顧問を務める村林新吾さんと同クラブの生徒による料理の実演会が3日、四日市市諏訪栄町の近鉄百貨店四日市店で開催中のイベント「東邦ガスのガス展」の会場であった。

村林教諭と生徒4人は、最新のSiセンサーコンロを使用して、南伊勢町で養殖したマダイを使っただし茶漬けとだし巻き卵の2品を調理。村林教諭はだしの取り方から丁寧に説明し、生徒らは来場者の目の前でマダイを三枚におろした。料理が完成すると、来場者に振る舞った。

イベントは毎年恒例で59回目。最新ガス機器や住宅設備の展示、電気料金プランや各種サービスの紹介もしている。

東邦ガス三重支社四日市営業所の山中史久所長は「リフォームから困りごとの相談にも応じているので、気軽に足を運んでほしい」と呼び掛けていた。開催は4日まで。