伊賀署巡査を起訴 住居侵入と窃盗未遂の罪で 津地検

窃盗目的で住宅に侵入し、室内を物色したとして、津地検は1日、三重県松阪市久米町、伊賀署地域課巡査大﨑雄人容疑者(21)を住居侵入と窃盗未遂の罪で起訴した。

起訴状などによると、大﨑被告は10月15日午前8時ごろから午後2時40分ごろまでの間、伊賀市西山の男性(65)宅に無施錠の腰高窓から侵入。テレビ台の引き出しを開けるなど、室内を物色したとされる。