津商議所 新会頭に百五銀の伊藤頭取

【会頭に就任した伊藤頭取=津市大門で】

津商工会議所は1日の臨時議員総会で、任期満了(10月31日)に伴い、岡本直之会頭(72)=三重交通グループホールディングス会長=の後任に伊藤歳恭副会頭(66)=百五銀行頭取=を選任した。百五銀行から会頭が選出されるのは、24年ぶり。任期は3年。

新会頭の伊藤氏は「伝統ある津商議所の会頭を拝命したことは身に余る光栄で、身の引き締まる思い。岡本前会頭を踏襲しつつ、私の考えを入れて商議所の役割を果たしたい」と述べた。

岡本氏は会頭を務めた6年間を「大きな転換期だった」と振り返った上で「三重とこわか国体に大きな期待を寄せている。来県する人へのおもてなしを後任に託したい」と激励した。

臨時議員総会には約70人が出席。4副会頭のうち、新たに三重交通GHDの小倉敏秀社長(64)を選任し、3人の副会頭と専務理事を再任した。