四日市競輪開設68周年 記念杯、初のナイター 来月7―10日 三重

【記者会見する森市長=四日市市役所で】

【四日市】三重県の森智広四日市市長は30日の定例記者会見で、11月7―10日に開催する「四日市競輪開設68周年記念 泗水杯争奪戦」をナイター開催すると発表した。四日市競輪で記念競輪をナイター開催するのは初めて。

同市は今年度からナイター競輪に特化した事業展開をしており、ミッドナイト競輪、GⅢナイターに続いて今回が第3弾施策。

今回の注目点は約2200人の競輪選手のうち9人しかいない「S級S班」の選手が、地元四日市の浅井康太選手を含め3人が出走する▽四日市競輪をホームバンクとする選手のうち、柴崎俊光・淳の兄弟、伊藤裕貴・稔真の兄弟がダブル参戦する―など。

9―10日は、全国初の公営競技場公認Vチューバー「泗水美海(しすいみう)」によるレース生中継を配信する。全国の競輪ファンやネットユーザーに楽しんでもらい、同競輪の活性化につなげる。Vチューバーは「バーチャルYou Tuber」の略で、動画配信を行うアニメーションキャラクターの総称。市によると同様の配信を6月9日のGⅢナイターで行った際には、競輪カテゴリの配信では最多クラスの8万人を超える人が視聴したという。

森市長は「ナイターはネット投票が主で、今後は家でゆっくりしながら購入してもらうかたちが主になっていくと思う。Vチューバーの生中継は競輪に興味がない人にも見てもらい、秋の夜長の熱戦を楽しんでもらえれば」「競輪場は縁遠い人も多いと思うが、家族連れも楽しめる地域密着イベントを用意したので、気軽に足を運んでもらえれば」などと語った。