亀山商議所が臨時議員総会 会頭に岩佐氏再任 三重

【あいさつをする岩佐会頭=亀山市東御幸町の亀山商工会館で】

【亀山】亀山商工会議所は29日、三重県亀山市東御幸町の亀山商工会館で臨時議員総会を開き、10月31日付で任期満了に伴う会頭、副会頭、専務理事を選任。現会頭の岩佐憲治氏(72)を議員80人のうち出席者67人(委任状21人含む)が満場一致で再任、承認した。任期は11月1日から3年間。

岩佐氏は、常任議員、副会頭を経て、平成24年4月に会頭に就任。市の将来を握る、リニア中央新幹線の誘致活動では、沿線都府県の知事やJR東海社長らが参加する、期成同盟会総会にも出席し、亀山を全国にアピールするなど、勢力的に活動をしている。

会頭として4期目の岩佐氏は「リニア中央新幹線県内停車駅を亀山への誘致という、いま亀山市には大きな夢がある」と述べ、「地域経済社会の実現に向け、全力を傾注する」とあいさつ。元ニュースキャスターで関西学院大学教授の村尾伸尚氏による記念講演もあった。

副会頭、専務理事は次の皆さん。

副会頭=櫻井八郎(再任)、川森浩司(同)、堀田誠(新任)▽専務理事=坂口一郎(再任)