高校野球秋季東海大会 近大高専と津商、4強逃す 三重

【加藤学園―近大高専 七回裏2死三塁で近大高専1番白石が二塁へ適時内野安打。近大高専が2点を返す=岐阜・大垣北公園球場で】

来年春の選抜大会につながる高校野球の秋季東海地区大会第2日は27日、岐阜県内で準々決勝4試合が行われ、県岐阜商、加藤学園(静岡)、藤枝明誠(静岡)、中京大中京(愛知)がベスト4入りした。

三重県内からは近大高専と津商が出場したがいずれも4強に進めず、センバツ出場が難しくなった。

近大高専は加藤学園に延長十回の末、4―5で惜敗。4点を追う七回2点を返し、八回の4番藤井、九回の7番松谷のソロ本塁打で同点に追いついたが延長戦突入の十回1死一、三塁から重盗で決勝点を許した。

津商は中京大中京に0―7の七回コールド負け。2連投の先発出口が初回から捕まり2回途中で6失点降板。打線も中京大中京・高橋に1安打完封された。

大会結果は来年3月、阪神甲子園球場で開幕するセンバツの出場校選考の重要な資料となる。東海の一般選考枠は2。