志摩でビーチサッカー大会 砂浜で19チームが熱戦

【砂浜で熱戦を繰り広げる参加者ら=志摩市浜島町浜島の大矢浜海水浴場で】

【志摩】志摩市浜島町浜島の大矢浜海水浴場で、「志摩ビーチサッカーFESTA2019 10月大会」(同実行委員会主催)が26日から2日間の日程で始まった。初日は県内外から19チーム、約160人が参加し、熱戦を繰り広げた。

サッカーの競技人口を増やすとともに、志摩の自然環境を知ってもらい、大会だけでなく観光や合宿での活用につなげようと、8年前から開いている。

この日は3部門で試合を実施。10歳以下の小学生7チーム、12歳以下の小学生9チーム、なでしこ(女性)クラス3チームが参加し、試合には各チームから5人ずつ出場した。選手らは砂浜の上でボールを追い掛け、華麗にシュートが決まると歓声が上がった。

27日には、オープンクラスとエンジョイクラスの試合が行われる。

結果は次の通り。

【ジュニアU-10】1位=スクデットFC(A)、2位=一身田FC(A)【ジュニアU-12】1位=阿児JFC-U12(2)、2位=RECCOS鈴鹿、3位=阿児JFC-U12(1)【なでしこクラス】1位=e,toile、2位=amica、3位=D-girls