三重国体ボランティア募集 手話案内や車いす介助も

鈴木英敬三重県知事は25日の定例記者会見で、2年後の三重とこわか国体・とこわか大会(全国障害者スポーツ大会)の運営などに協力するボランティアの募集を同日から始めたと発表した。

両大会の開・閉会式や三重とこわか国体の競技会などを支援する運営ボランティア、手話や要約筆記で案内する情報支援ボランティア、車いすなどでの移動を介助する移動支援ボランティアを設けた。

運営ボランティアは開催時に中学生以上、情報支援と移動支援のボランティアは18歳以上の人が対象。情報支援ボランティアは手話や要約筆記の経験を要件とする。応募者は来年度からの研修会に参加する。

無報酬で交通費は自己負担。必要に応じてユニホームや食事を支給する。応募が上限に達するまで募集する。申し込みに関する問い合わせは、大会実行委員会事務局=電話059(224)2908=へ。