千歳あめやお守り袋詰め 鈴鹿の椿大神社 七五三祭に向け準備 三重

【祝い袋に千歳あめなどを詰めるみこら=鈴鹿市山本町の椿大神社で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市山本町の椿大神社(山本行恭宮司)で、子どもの健やかな成長を祈念する11月15日の「七五三祭」に向け、参拝者らに授与する千歳あめやお守りなど3200袋の袋詰め作業がみこらの手で進んでいる。

13人のみこが交代で、祝い袋に千歳あめや菓子7種を詰め、七五三お守りや同神社オリジナルの「天孫降臨」絵本などを準備している。

同神社によると、10月初旬ごろから、両親や祖父母と共に参拝する晴れ着姿の子どもたちの姿が見られるようになり、11月初旬の土曜、日曜、祝日をピークに月末まで、県内外から3千人以上が七五三参りに訪れる。