尾鷲で漁船転覆、男性死亡 4人はけがなし 三重

【尾鷲】23日午前9時45分ごろ、三重県尾鷲市行野浦の海上で男性が海に転落したと一一九番があった。同市の漁業橋爪富之さん(85)が市内の病院に搬送されたが、死亡が確認された。死因は溺死。

尾鷲海上保安部によると、現場は尾鷲港南東にある桃頭島の沿岸部から南に約200メートルの海上。橋爪さんらは台風20号の影響で定置網を支えるいかりが移動してしまったため、同日早朝、漁船3隻に分乗し、いかりを入れ直す作業に当たっていた。

作業中に漁船「柱掛丸」(2・4トン)が転覆し、橋爪さんを含む乗船者5人全員が海に投げ出された。すぐにほかの漁船に救助されたが、橋爪さんは意識不明だった。残る4人にけがはなかった。