食べ物や雑貨、海産物 亀山でマルシェにぎわう 三重

【デニム地のバッグに見入る来場者ら=亀山市東御幸町の市文化会館で】

【亀山】食べ物や雑貨、その地の海産物などを一堂に集めた物産マルシェ「かめまる」が22日、三重県亀山市東御幸町の市文化会館で開かれ、市内外から多くの人でにぎわった。23日まで。午前9時半―午後3時。

かめまるは、同市関町のキャンドル作家、不破有紀さんと鈴鹿市東旭が丘の毛糸作家、長井珠美さんの2人が主催。”かめ”やまに食べ物・雑貨・物産店や体験が”あつ”まる”マルシェ。12月23日午後3時―同8時、同所で「夜のかめまる」を開催するという。

会場には、紀北町の海産物や天然酵母のパン、キッズイヤリング体験など、県内外から2日間で約90店舗が出店販売する。会場の一角には、「食品ロス削減」コーナーを設け、来場者に「食品廃棄を未然に防ぎましょう」と呼び掛けるチラシを置いた。

デニム地のジーパンなどをリメイクしたバッグやヘヤークリックなどを出店した「マーメイドNT」(伊賀市)の石橋珠希オーナーは「デニム地なので丸洗いもできます」と話していた。