土砂災害に警戒を!三重南部に猛烈な雨

台風20号から変わる温帯低気圧の接近に伴い、県内は22日未明から明け方にかけ、南部を中心に猛烈な雨が降る見込み。18日から19日にかけて降った大雨で中南部では地盤が緩んでいる地域があり、津地方気象台は土砂災害への警戒を呼び掛けている。

気象台によると、台風20号は21日午後3時現在、室戸岬の南約280㌔の海上にあり、時速45㌔で北北東に進んでいる。同日夜には温帯低気圧に変わり、県内では21日夜から雷を伴う激しい雨が降り、発達した雨雲が停滞すれば記録的な大雨になる恐れがある。

22日にかけて予想される1時間降水量はいずれも多いところで、北中部60㍉、南部80㍉。先週末の大雨で降り始めからの降水量が600㍉を超えた尾鷲市などでは土壌雨量が高くなっており、土砂災害の恐れがある。21日午後6時現在、同市と紀宝町の26世帯30人が避難している。

22日の予想最大風速は南部の海上で20㍍、陸上で15㍍。北中部では海上16㍍、陸上13㍍の見込み。本土と離島を結ぶ鳥羽市営定期船は21日、一部航路が欠航した。