伊勢の台風19号被害認定家屋は合計30棟

【伊勢】伊勢市は18日、台風19号の被害認定調査結果を公表した。被害認定家屋は合計30棟で、うち住家被害は楠部町地区を中心に床上浸水による半壊8棟、一部損壊12棟、床下浸水1棟、強風被害1棟。非住家被害は浸水7棟、強風被害1棟だった。

市は18日から災害見舞金の配布を開始。また21日から罹災証明の発行を始めるとしている。災害見舞金の問い合わせは同市福祉総務課=電話0596(21)5557=、罹災証明発行に関する問い合わせは同市課税課=電話0596(21)5531=へ。