中央分離帯に衝突、男性死亡 多気町の伊勢道、6時間半通行止め

【多気郡】17日午後9時40分ごろ、多気町丹生の伊勢自動車道上り線で、津市戸木町、会社員前田啓希さん(27)の乗用車が中央分離帯に衝突。乗用車は衝撃ではじかれ、道路左側ののり面を駆け上がりながら回転し、車道に着地した。車外に投げ出された前田さんが全身を強く打ち、松阪市内の病院で死亡が確認された。

県警高速隊によると、現場は片側二車線の緩やかな左カーブ。現場は雨でぬれていた。事故原因は調査中。この事故の影響で、伊勢自動車道上り線の勢和多気インターチェンジ(IC)から松阪ICまでの約14キロ区間が午後10時半から約六時間半通行止めとなった。