「人間性も高い選手に」 オリックス4位指名 津田学園の前投手 三重

【津田学園高校のチームメートの祝福を受け笑顔の前佑囲斗選手=桑名市野田の同校で】

三重県の私立津田学園高校3年の前佑囲斗投手(18)が17日のプロ野球ドラフト会議で、オリックス・バファローズから4位指名された。桑名市の同校で会見した前投手は「小さい頃からの夢が実現し、本当にうれしい。家族や仲間の支えで成長でき、感謝している」と語った。

その上で「持ち味である球のキレで打者陣を抑えられるように、鍛えて2、3年後に1軍で活躍する自分を作り上げたい。監督には人との関わりを一番教わったので、プロでもプレーだけでなく人間性も高い選手になりたい」と話した。

身長182センチ、体重88キロ。恵まれた体格から繰り出す、最速152キロの伸びのある直球とスライダーをはじめとする変化球が持ち味の右腕。小学生時代に「関パワーキッズ」に所属して野球を始め、「津ボーイズ」を経て同校に進学した。

高1秋からベンチ入りし、高2秋から主戦投手に。今年春、夏と同校を2季連続の甲子園に導き、夏の甲子園後はU18ワールドカップ(W杯)日本代表に選出され、1次リーグのスペイン戦、2次リーグのオーストラリア戦などで好投した。

津田学園高校出身としては育成選手も含め3人目のプロ野球選手誕生になるが、同校在学中に支配下での指名を受けたのは前投手が初めて。硬式野球部の佐川竜朗監督は「伸びしろを評価された。さらに成長する可能性を秘めており、球界を代表する投手、愛される大投手になってほしい。20勝投手になってくれることが夢」と期待した。