伊勢 「エンヤー」奉曳車練る 神嘗祭祝い初穂曳 外宮周辺で住民ら一丸 三重

【初穂を載せた奉曳車を引いて練り歩く参加者ら=伊勢市の伊勢神宮外宮周辺で】

【伊勢】伊勢神宮の神嘗祭(かんなめさい)を祝い、今年収穫した米を奉納する「初穂曳(びき)」(伊勢神宮奉仕会主催)の外宮領陸曳(おかびき)が15日、三重県の伊勢神宮外宮周辺一帯であった。市民ら約1500人が米俵などを積んだ3台の奉曳車をかけ声と共に引いて練り歩いた。

地元の子どもや皇學館大学の学生らが先頭の一番車を、続く二番車を外宮周辺の地元住民、最後の三番車は全国から集まった特別神領民が担当。車軸がきしむ「椀(わん)鳴り」の低音が鳴り響く中、法被姿の参加者らは木遣り歌を歌い、「エンヤ―、エンヤー」のかけ声を上げて綱を引き、高柳商店街から外宮まで約2キロをゆっくり行進した。

奉曳車を外宮北御門まで引き入れると、参加者らは初穂の米俵や稲穂などを手に境内に入り、五丈殿へと奉納した。

初参加した同大教育学部1年の松村凜さん(18)は「想像していたより迫力があった。疲れたけど全員一丸になった達成感があった」と話した。

16日には内宮周辺の五十鈴川一帯で内宮領川曳がある。