鈴鹿 国旗に「頑張って」 F1選手へ応援メッセージ 三重

【応援するドライバーへのメッセージを書き込むモータースポーツファンら=鈴鹿市稲生町の鈴鹿サーキットで】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市の鈴鹿商工会議所青年部(望月卓透会長)は11日、F1日本グランプリ開催中の鈴鹿サーキット=同市稲生町=で、好きなF1選手に向けて応援メッセージを書く特設ブースを設置した。

F1で地域を盛り上げる恒例イベントの一環として毎年実施。特設ブースでは、全選手の国籍に合わせた縦90センチ、横1・2メートルの国旗計20枚を設置し、訪れたファンらはお目当ての選手の国旗にそれぞれの思いを書いていた。

ホンダを応援しているという埼玉県入間郡の自営業堀田美智恵さん(59)は、ピエール・ガスリー選手に「自分を信じて頑張って」、アレクサンダー・アルボン選手に「表彰台狙っちゃえ」とメッセージを書き、「鈴鹿には毎年来ている。地域一帯となって温かく迎えてくれる鈴鹿のF1が大好き」と話していた。

メッセージが記された国旗は13日午前、同青年部のメンバーが各ピットを訪問し、選手に届ける予定。