F1GP、鈴鹿で開幕 あす予選と決勝 台風影響 三重

【1回目のフリー走行に参加するホンダのレーシングドライバー山本尚貴選手=鈴鹿市稲生町の鈴鹿サーキットで】

【鈴鹿】三重鈴鹿市稲生町の鈴鹿サーキット国際レーシングコースで11日、自動車レースの最高峰「F1世界選手権シリーズ第17戦 日本グランプリレース」が開幕した。13日まで(12日は台風19号の接近に伴い閉園)。

レースには10チーム、20台のマシンが参戦する。初日は午前と午後で計2回のフリー走行があり、各チームのマシンがタイヤのコンディションやコースの状態などを確認しながら、車体を調整した。

1回目のフリー走行には、F1初走行となるホンダのレーシングドライバー山本尚貴選手が参加し、会場を盛り上げた。

ホンダがエンジンなど供給するレッドブルレーシング、トロロッソ両チームの走りに期待がかかる。

この日の観戦客は約3万3千人(主催者発表)。

13日午前10時から公式予選、決勝レースは午後2時10分スタート予定。