台風19号きょう最接近 三重県、昼前から夕方にかけ 猛烈な風雨、厳重警戒を

大型で非常に強い台風19号は12日昼前から夕方にかけて、勢力を保ったまま三重県に最接近する見込み。猛烈な風雨が予想され、津地方気象台は暴風や高波への厳重な警戒を呼び掛けている。

気象台によると、台風19号は11日午後6時現在、八丈島の南南西約490キロを、時速25キロで北北西に進んでいる。中心気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。

12日にかけての予想最大風速は、北中部が海上30メートル、陸上20メートル、南部は海上40メートル、陸上20メートル。千葉県などが被害を受けた先月の台風15号より暴風域が大きく、広範囲に影響を及ぼすと予想されている。

1時間降水量は、多いところで北中部80ミリ、南部90ミリの猛烈な雨となる見込み。同日午後6時までの24時間雨量は、多いところで北中部300ミリ、南部400ミリと予想されている。

気象台は12日の明け方と夕方は満潮になるため、高潮への警戒を呼び掛けている。

JR東海は始発から関西本線(名古屋―亀山駅)の本数を減らし、昼ごろから運転を見合わせる。紀勢本線(亀山―新宮駅)と参宮線(多気―鳥羽駅)、名松線(松阪―伊勢奥津駅)は始発から見合わせる。