菰野町 火炎みこし、街練り歩く 湯の山温泉で僧兵まつり 三重

【たいまつを載せたみこしを担いで練り歩く男衆ら=菰野町の湯の山温泉で】

【三重郡】三重県菰野町の湯の山温泉で6日夜、「僧兵まつり」のクライマックスとなる「火炎みこし」があった。僧兵にふんした男衆60人が、たいまつを載せた重さ約600キログラムのみこしを担ぎ、温泉街を練り歩いた。

織田信長と戦った三嶽寺の僧兵の勇敢さをたたえるまつり。今年で50回目を迎える。

コースは、三嶽寺から御在所ロープウエイ駐車場までの約2キロ。男衆らは「セイヤ、ソイヤ」と威勢の良い声を上げ、たいまつから火の粉が飛び散る大迫力。詰めかけた見物客からは、どよめきと歓声がわき起こった。