茨城国体 ハンドの少年女子 三重県チームは3決へ

【ハンドボール少年女子準決勝 三重―福岡 後半終了間際に同点シュートを決める三重・古川瞳=茨城県常総市の水海道総合体育館で】

第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」第9日は6日、茨城県常総市などであった。ハンドボールでは四日市商高単独の少年女子三重県チームが2連覇を目指し準決勝に臨んだが、福岡に延長戦の末、22―24で敗れた。7日の3位決定戦で大分と対戦する。

福岡は今年の全国高校選抜、全国高校総体の優勝校の明光学園高単独。県チームの蛭川健司監督(四日市商高)は「今季2冠の相手に自分たちの展開に持ち込めた。選手たちの成長を感じた。3位決定戦もしっかり準備して勝ちたい」と話した。