「おばけダイバー」餌やり、鳥羽水族館でハロウィンイベント

【ハロウィンイベントで仮装して餌やりをするスタッフ=鳥羽水族館で】

【鳥羽】鳥羽水族館(三重県鳥羽市鳥羽3丁目)で5日から、恒例のハロウィンイベントが始まった。31日までの期間限定で、ガイコツ姿に仮装した「おばけダイバー」による餌やりイベントなどを楽しめる。

今年からのイベントとして、エントランスホールのコーラルリーフダイビング水槽でガイコツ姿に仮装したスタッフが「おばけダイバー」として登場し、魚に餌をやるイベントを毎日午前11時45分から開催。記念撮影もできる。

また期間中の毎週土、日、祝日と最終日の午前10時45分からは、メスのカピバラ「セン」と「パキラ」に、カボチャで作った特製の「ジャックオーランタン」に牧草やリンゴなどのエサを入れてプレゼントするイベントも実施する。

最終日には「ハロウィンナイト」と題して1日限定で午後9時まで夜間営業を実施。セイウチによるショーやフクロウのフリーフライト、仮装した人を対象にビンゴ大会などを開く。イベントリーダーの鈴木智大さん(28)は「子どもたちも楽しめるイベント。雰囲気を楽しんで」と話した。