「SSピンポン」三重県議ら対戦 視覚障害者向けスポーツを体験

【SSピンポンを体験する県議ら=県議会議事堂で】

三重県議会は4日、県議会議事堂1階のエントランスホールで視覚障害者向けに考案されたスポーツ「SSピンポン」の体験会を開いた。県議同士で対戦し、競技のルールや魅力を学んだ。

県議らの提案を受けて実施した。「生涯」と「スポーツ」を頭文字にした県発祥の競技で、音の出るボールを卓球台で転がして打ち合う。2年後の三重とこわか国体のデモンストレーション部門で実施する。

中嶋年規議長が体験会の冒頭であいさつし「SSピンポンは子どもからお年寄りまでできるスポーツ。楽しさを学び、周囲の人にも伝えてほしい」と呼び掛けた。

県議らはルールの説明を聞いた後、競技を体験。2人ずつチームをつくってダブルスで対戦した。卓球台の上で音を出しながら転がるボールを、木製のラケットを使って交代で打ち合い、得点を競った。